箱根植木株式会社

ロイヤル・フローラ・ラーチャプルック 2006

所在地:
タイ
竣工時期:
2006年
施工種別:
海外の日本庭園

「ロイヤル・フローラ・ラーチャプルック 2006」では、1500平方メートルの日本庭園を造り、最新の緑化技術も展示しました。(日本国が出展する日本庭園は、屋外庭園1000㎡以上の部門で第一位を獲得しました。)

休憩舎

「大賀ハス」を日本から持ち込み植栽しています。

日本庭園独自の'水の流れ'の表現の仕方の違いを展示しています。

蹲(つくばい)古銭型

段々畑

築山ですがMt.Fujiで通じます

ポイント

ロイヤル・フローラ・ラーチャプルック 2006は、開催名のとおり、プミポン国王の在位60周年及び80歳の誕生日をお祝いする園芸博覧会ですが、タイ国で初めて開催される国際園芸博覧会です。このAIPH公認の国際園芸博覧会は、三つの主要な展示場で構成されています。

最初に、タイ国の「国王陛下記念庭園 (Gardens for the King)」は、「国際庭園 (International Gardens)」と「企業庭園 (Corporate Gardens)」から構成され、「国際庭園 (International Gardens)」には、インド、ネパール、インドネシア、ブータン、バングラデッシュ、マレーシア、中国、日本などのアジア圏の国々を中心として、トルコ、オランダ、スペインなどのヨーロッパ圏の国々、ケニア、モーリタニアなどのアフリカ圏の国々の植物、庭園が展示されています。
次に、熱帯植物の世界(THAI TROPICAL GARDEN)では、タイ国ならではの熱帯植物を身近に見学することができます。
最後に、ロイヤルプラザ(Expo Plaza)では、ロイヤルパビリオン(Royal Pavilion)や博覧会の各種イベントやサービスがあります。ロイヤルパビリオンは、タイの伝統を感じさせるランナー美術様式の美しい建物です。

お問合せ・ご相談

弊社へのご質問、仕事のご相談、お見積の依頼などはこちらよりお願いします。ご相談、ご不明な点等ございましたらお気軽にお問合わせください。
なお、お問合せ内容によっては、回答にお時間がかかる場合があります。あらかじめご了承ください。

MORE DETAILお問合せ・ご相談はこちら



» ロイヤル・フローラ・ラーチャプルック 2006